愛犬との暮らしをもっと豊かに楽しくするために

ホーム > WOOFWOOFマガジン > あそぶ(asobu) > 愛犬といっしょに歩きたい街 広尾

 

 都内でも有数の住環境を誇る広尾エリア。有栖川宮記念公園をはじめ、都心にありながら緑豊かな地域だ。また外国人の姿も多く、広尾の洗練されたハイソサエティな印象を色濃いものにしている。
 広尾にインターナショナルなイメージが根付いた所以は、明治政府が広尾の周辺地域を諸外国の大使館開設地として推奨したことから。現在、40カ国以上の大使館が集中し、外国人居住者数も多い。カフェでは犬連れでアフタヌーンティを楽しむ外国人の姿も多く見受けられる。
 一方、昔ながらの商店街も健在。外苑西通りの西側エリア「広尾散歩通り」には、代々続いた趣ある小売店が数多くあり、広尾の奥深さを感じさせる。
 犬連れで入れるお店が多いのも、広尾ならでは。それはこの街に住む人が、犬をパートナーとして愛していることの証し。天気の良い日、少しおしゃれして愛犬といっしょにショッピングや食事に出かけたくなる、そんな素敵な街だ。

 一般的に「広尾」と呼ばれるエリアは、住所上でいうと広尾ではなかったりする。広尾駅周辺でも、外苑西通りの東側は南麻布、広尾のすぐ北側は西麻布だ。
 高級住宅が並ぶ上品な雰囲気の界隈を「広尾」と呼びたくなってしまうのは、広尾ガーデンヒルズの存在が大きい。築20年にもなるのに、分譲時より高値がつくヴィンテージマンション。敷地内には美しい並木道や公園があり、広尾の風情ある街並みを形作っている。
 目的もなくただ歩いているだけでも楽しいこのエリア。大使館や学校が点在するだけでなく、寺社や、「暗闇坂」「狸坂」などユニークな坂道が多いのも特徴的だ。1ブロックごとに新しい発見があり、六本木や麻布十番、白金、恵比寿まであっという間に歩けてしまう。この界隈に愛犬家が集まるのは、きっとそのせい。犬と一緒に景色を眺めながら散歩し、疲れたらカフェでひと息。そんなゆったりした幸せを、この街なら叶えてくれる。


 

広尾ガーデンヒルズの中にある「シェ松尾・広尾キャフェ」。コース料理のほかにパスタやサンドイッチもあり、ティータイムには日替わりケーキとコーヒー・紅茶のセットを楽しめる。また併設のショップではギフトにぴったりの焼菓子や惣菜類を販売。木もれ陽の中、愛犬とともに優雅なひとときを過ごしたい

渋谷区広尾4-1-11
Tel.03-5485-8818
営業時間 11:00〜21:00(LO 20:00)
(ティータイム14:00〜17:30)
定休日 なし
http://www.chez-matsuo.co.jp/
犬:店内・テラス席ともにOK