愛犬との暮らしをもっと豊かに楽しくするために

ホーム > WOOFWOOFマガジン > らぶ(love) > 【woof woof dog life interview】リサ・ステッグマイヤー2頭は家族であり、宝物です

 

 長男はマックス、次男がウィリーです。ウィリーは、生後2ヵ月の頃に出会いました。そのとき既にマックスを飼っていたのですが、同じピュア・クリーム色のウィリーを見たら、マックスの小さい頃を思い出し、「飼いたい!」と思ったんです。”多頭飼いは大変“という意見もよく聞いたので、1ヵ月くらい悩みましたが、主人の顔をペロペロなめるウィリーの可愛さに2頭とも負けて(笑)。ウィリーが家に来た当初は、やはりマックスも少し警戒していました。でも、ある日、マックスが寝ている時にウィリーがトコトコとマックスの隣にいき、いっしょに並んで寝たんです。それ以降、仲良くなりましたね。 
 2頭とも性格はそれぞれ違います。マックスは賢くてどんな人とでも仲良くできるコ。ウィリーは少し臆病で甘えん坊なところがあるけど、走るのが大好き。私はトライアスロンが趣味なので、ジョギングをするときにはいっしょに走ることも。お気に入りの皇居ランもウィリーを連れて一緒に走ると楽しい。ウィリーは止まらないんですよ。今日はふたりを連れて代々木公園を散歩しました。公園はほかの犬との出会いもあって楽しいですね!


 犬との生活で一番の心配は、ふたりと触れ合う時間が減ること。初めてマックスを飼ったとき、「自分が犬の生活に合わせるのではなく、犬に合わせてもらうように」と教えられました。私は仕事や趣味を、犬に合わせて制限することはありませんが、どんなに忙しくても一日中ほうっておくことのないよう気をつけています。ふたりは家族であり、宝物ですからね。家族だからこそ、社会マナーもしっかり教えていくし、何があっても責任をもって育てるよう心がけています。人間の社会には犬が苦手な方もいます。だから散歩の際はマナーをちゃんと守るようにしています。
 彼らはドッグカフェに連れていっても、すごくおとなしいですし、マーキングもしないので、今困っていることといえば、ウィリーの吠え癖くらいなんです。性格的には何の問題もないので、ふたりともそのままのびのびと暮らしていってほしい。そして、これからも長生きしてほしいし、元気なままずっといっしょに過ごしていきたいですね。

Risa Stegmayer 
1971年9月25日生まれ。アメリカ・インディアナ州出身。上智大学比較文化学科日本語日本文化学科卒業。テレビ、ラジオ、CM出演のほか、得意の語学を活かしたMCや執筆など、活動は多岐にわたる。趣味はトライアスロン。日本トライアスロン連合の国際広報委員も務めている
公式ブログ『Risaユsジャーナル』
http://risa.blog.ocn.ne.jp/
公式サイト
http://www.oscarpro.co.jp/